社会福祉支援研究機構は、一般就労をかなえたい障害者と就労支援事業所を応援しています。

 
 
 
HOME > ニュース > 「繋がってるよ!笑顔になろうよ!」プロジェクト第17弾を開催

ニュース記事  article

「繋がってるよ!笑顔になろうよ!」プロジェクト第17弾を開催

 

2021/02/15

「繋がってるよ!笑顔になろうよ!」プロジェクト第17弾を2月13日(土)13時から開催いたしました。
今回もZOOMの利用により、全国各地の就労移行支援事業所だけではなく、在宅訓練をされている利用者さんとも繋がりました。

今回は宮崎紳先生による

体スッキリ体操‼️   
~正しいラジオ体操と自宅で出来る簡単筋トレ~

一般社団法人社会福祉支援研究機構ブログ記事の画像

突然ですが、皆さんラジオ体操はできますか?
毎朝やっているよ!という事業所も多いでしょうか。

令和になった今でも、学校や職場、工場や現場などでも、朝の時間に取り入れているところはたくさんあり、今や日本人の伝統芸能になりつつありますね(笑)。

さて、そんな誰もができるラジオ体操ですが、それは果たして「正しいラジオ体操」でしょうか?

今回の第17弾では、まさに目から鱗、これまでのラジオ体操が一味も二味も変わる、そんな一時間になりました。

文章で正しいラジオ体操をお伝えするのは難しいのですが、、、
まずラジオ体操の目的は「姿勢を正す」ことだそうです。

適当に手や体を回したり、これ何の意味があるのかなーと思いながらやっていた私。
ラジオ体操の動き一つ一つには意味があり、手や指の向き、体の位置を意識しながらやってみると、全身が伸びてとても気持ち良かったです。

例えば、序盤の手足の運動の部分ですが、こんな感じに(下記、先生の足首に注目!)かかとをくっつけてやるのが正しい体操とのこと。
確かにかかとをくっつけるとふくらはぎやももがピンと伸びるのを感じられます。

一般社団法人社会福祉支援研究機構ブログ記事の画像

後半のピッピッピッとリズミカルに手を伸ばす運動は簡単だなあと思ってやっていましたが、音楽に合わせて素早く動くことに意味があるそうですよ!

音楽もきちんと考えて作られていたんですね。

一般社団法人社会福祉支援研究機構ブログ記事の画像

これからラジオ体操をやるときは今日教わったことを生かして、手を抜かず、姿勢を意識してやりたいと思います。
宮崎先生、ありがとうございました!

次回は、3月6日(土)13時~、
元フットサル日本代表 稲葉 洸太郎 先生

ボールコントロール&ドリブル
~省スペースでできる運動不足解消~

をお届けします。

一般社団法人社会福祉支援研究機構ブログ記事の画像